口臭ケア商品に頼るだけでなく、日々のマメなケアも重要となります。

MENU

口臭について考える

 

口臭は周囲の人をとても不快にさせます。
口臭ケアを行うのは大人のエチケットです。

 

人間は人の嫌なところが強く印象に残る特性があります。外見や話し方、振る舞いや対応など、他の事でどれだけ印象が良くても、息が臭いだけでその人全体のイメージを悪く持たれてしまいます

 

仕事や恋愛、友人との交友関係など人と接する場面では口臭ケアは必要不可欠です。

 

口臭による様々な悪影響とは?

 

 

口臭の原因

口臭の原因は、次のものがあります。

 

  • 食べ残しなど口のなかの衛生面の問題
  • タバコ、コーヒー、ニンニク、お酒など飲食したものによる口臭
  • 歯周病や口内炎など口のなかの病気
  • 胃や肝臓など内蔵の病気
  • 肺や食道など呼吸器官の病気

 

病気が無い方でも歯磨きや食事後の消臭など、適切なケアを行わないと口臭が発生します。

 

病気による原因の場合、一度歯磨きなどで口の中をリフレッシュして、その後睡眠や食事をしなくても時間とともに臭いがどんどん出てきてしまいます。

 

病気の原因がはっきりしている場合は、治療も同時進行で行うとよいでしょう。

 

ここでポイントになるのが、口臭は年齢とともに発生しやすい事です。

 

加齢とともに腎臓の消化機能をはじめ、口臭を発生させないための機能が全般的に低下してきます。

 

自分は健康だと油断していても、知らないうちに口臭が発生しやすい体質になっていて、他人に不快感を与えているかもしれません。

 

自覚症状がなくても20歳を超えたら口臭ケアについて真剣に向き合うようにしてください

 

 

 

口臭ケアの重要性

歯ブラシをもつ歯

口臭ケアは、歯磨きなど初歩的なケアでも十分効果を発揮します。

 

しかし、根本的に口臭を発生しにくい身体に戻してあげるには、もっとしっかりした口臭ケア商品の活用や治療が必要です。

 

口臭ケアの事を考える年齢では、化粧や散髪、アンチエイジングなど男女問わず美容に関する様々な取り組みを行っているハズです。

 

口臭ケアは目に見えるものではなく、自分では自覚しにくい特性上、優先順位を低くしたり、無駄なコストをかけるなら他の美容やオシャレにお金を使いたいと思ってしまう方が多いです。

 

しかし、冒頭で紹介している通り、どれだけ外見の印象がよくても、話をする相手に口臭で不快感を与えてしまうと美容やオシャレに費やした労力は全て水の泡です。

 

また、口臭は正しくケアしてあげないと、どんどん悪化して慢性化したり高額な治療、その他生活に支障が出るような病気に発展する場合もあります

 

お金をかけたくないのであれば、コストがかからない方法もあります。
優先順位を下げるのではなく、できる事から始める事が重要です。

 

口臭を自分でチェックする方法を見てみる!

 

 

 

方法・コスト・相場

口臭ケアの方法と、コストの相場は以下の通りです。

 

サプリメントによるケア

費用

500円~7,000円/月

メリット

費用が安く身体も健康になる

デメリット

ついつい忘れがちになりやすく継続できない方が多い

 

歯磨き粉によるケア

費用

1,000円~7,000円/本

メリット

費用が安く、普段使っている歯磨き粉に代替えするだけなので楽

デメリット

商品選びが難しい

 

専用歯磨きによるケア

費用

300円~15,000円

メリット

口の中全体を綺麗にできて、虫歯予防や黄ばみ予防効果もある

デメリット

良い道具を揃えても正しい歯磨き方法をしないと効果が薄れる

 

歯科医院による専門治療

費用

10,000円~40,000円/回

メリット

劇的な変化や根本的な解決を望める

デメリット

保険外の自費診療になるので高額。病院まで通う手間がある

 

 

口臭ケアについて説明する男性

口臭ケアを根本的に治そうとすると最低でも数万円単位のお金がかかると思っている方が多いですが、月々2~3千円の予算があれば十分効果的な対策を取れます

 

特に口臭予防サプリや歯磨き関係は手軽で費用も安く、口臭以外にも良い事が起こります。

 

口臭を人から指摘された方はもちろん、年齢的に予防を考えたい方もまずは口臭ケアに向けて気軽に最初の一歩を踏み出しましょう。