病気による口臭は、アンモニアや玉ねぎやりんごなどの野菜や果物、肉が腐ったような臭いがします。

MENU

口臭は病気のサイン?

 

歯を磨いたり、ガムや口臭ケアのスプレーなどを利用しても臭いが取れない場合や、ケアをしても短時間ですぐに口臭が発生する場合は病気のサインかもしれません。

 

病気による口臭は、口内炎や歯周病など口の病気をはじめ、気管支炎や肺炎など呼吸器官の病気、胃腸など内臓系の疾患などがあります。

 

 

病気による口臭の匂い

病気による口臭は、次のものがあります。

 

  • アンモニア(尿)の匂い
  • 玉ねぎやりんごなど野菜や果物が腐ったような匂い
  • 腐った肉の匂い

 

これらは一例で、症状によって匂いの原因は異なります。

 

いつもと違い口臭が気になった場合は要注意です。
病気による口臭は自覚症状が出やすい特徴があります。自覚症状が出るという事は、それだけ匂いがキツく、自分が思っているよりも周囲の人間は何倍もの悪臭を感じています。

 

 

 

口臭の病気は9割が口の病気

口臭の原因となることの多い口内

口臭は病気のサインですが、口臭がひどいからといって内蔵疾患などを疑うのはまだ早いです。

 

病気の原因の9割は虫歯や歯周病、口内炎などの口の病気です。
口のなかに異常がある場合はすぐに歯医者などにかかるとよいでしょう。

 

口の次いで口臭の症例が多いのが消化器官です。
気管支炎や逆流性食道炎などを疑いましょう。
消化器官の病気の場合、咳こんだりゲップが多くなるなど何かしらの自覚症状が出ます。
腎臓や胃などの病気は割合的には少ないですが、初期症状では自覚しない場合もあります。

 

深刻な内蔵疾患の場合は、口臭が臭くなるだけではなく、髪の毛や脇、足の裏など他の部位からも加齢臭がひどくなったような悪臭が出る場合もあります。口だけではなく、身体全体から悪臭が出るようになったら、すぐに内科で受診するようにしましょう。

 

 

 

病気の原因が分からない場合は口臭外来で受診する

口臭が気になるようになって、適切なケアをしても消えない場合は病気の可能性があります。
しかし、それ以外に何も自覚症状が出ていない場合は病気がどの部位なのか分かりません。

 

歯医者でも口臭の受診をすることはできますが、深刻な病気を適切に見抜くことができず、口臭ケア関連の処方で済まされる場合が多いです。

 

病気の懸念が強い場合は口臭外来を利用すると効果的です。
大手総合病院など扱っている医療機関は限られますが、口臭から疑いがある疾患を教えてもらう事ができます。