口臭が気になる時に素早く測定できる口臭チェッカーを持っていると便利です。

MENU

口臭のチェック方法

自分の口臭をチェックするには

口臭は人に大きな不快感を与えますが、自分では自覚できないものです。

人間は鼻と口が繋がっているので常に自分の口臭を嗅いでいる状態なので身体が順応してしまいます。
また、食べ物を食べた影響なども受けますし、内蔵や呼吸器の疾患があれば慢性的に口臭が発生します。
自分の口臭に不快感を感じると苦労する場面が多いので、人間は自分の口臭には鈍感になるように脳から信号が送られてきます。
また、臭いは息を吸うときに感じるもので、人は息を吐くのと吸うのを同時にできません。
自分が息を吐いている間は息を吸えない状況になっています。
結果的に自覚症状はないのに、周囲からは口が臭いと悪評が広まってしまうのが口臭の恐怖です。
また、自覚症状がなければ対策やケアを行うモチベーションを上げられずに、疲れている時に妥協してしまうものです。
ここでは自分の口臭をチェック方法をまとめました。

 

 

 

何かに臭いをつける

 

自分の口臭を感じないのは、吐いた直後の息は臭いを感じにくい構造になっていることと、口臭は空気と触れて臭いがきつくなるのですが、自分の息は空気に触れてまもない段階だから感じにくいとされています。
何かしらの方法で口臭を外部に残して、そこから深呼吸をしてからチェックすると自分の口臭でも臭いをチェックできます。
ポイントになるのは、臭いをつけて深呼吸をすることです。
よく、口の周りを手で覆って息を履いて臭いをチェックしようとする人がいますが、それでは意味がありません。
オススメのセルフチェック方法は以下のものがあります。

 

 

  • 指に唾液をつける
  • 口の上側と歯の付け根の境界線を指でなぞって唾液を付けて、深呼吸してから嗅ぐ

     

  • ティッシュを舐める
  • ハンカチを折るようにティッシュを四つ折りにして厚みを出します。
    折ったティッシュをなぞるように5回なめてから臭いを嗅ぎます。

     

  • コップやビニール袋
  • 自分の吐いた息を入れて、深呼吸をしてから嗅ぎなおすシンプルな方法です。
    よりリアルな臭いを確認できますが、空気漏れを起こしやすいデメリットがあります。

     

  • デジタルフロスの臭いを嗅ぐ
  • デジタルフロスとは隙間用歯ブラシのことです。歯ブラシする前に使って、糸部分の臭いを嗅ぎます。

 

 

舌の色を見る

 

鏡に向かって舌を思いっきり出してみます。
健康な状態はピンク色ですが、「舌苔」(ぜったい)と呼ばれる白いコケのような物が付着していると口臭の出ている可能性があります。
精度は低いので気になったら他の方法でも口臭チェックしてみてください。

 

 

口臭チェッカー

 

一番オススメの方法が口臭チェッカーを買うことです。
数字になって現れるので、危機感を感じやすいですし、その日の状態でいつもより口臭が強いかどうかまで確認できます。
電気式で検知するデジタルタイプが主流です。通販などで手軽に購入できて安い物は千円、高くても1万円弱です。
持ち運びしやすい小型タイプになっているので、体調や食後、前日にお酒やにんにく料理を飲んで気にった時はもちろん、異性や仕事で重要な人物と会う前も確実に口臭状態をチェックできます。
特に加齢とともに口臭が気になり始めた人は、年齢とともに悪化しやすいので、口臭チェッカーをひとつ持っておくと便利です。