ガムや口臭スプレーなどフレッシュな口臭に変えるエチケット用品を活用すると効果的です。

MENU

コーヒー・タバコによる原因

 

コーヒータバコを楽しむ人

タバコとコーヒーは相性がよく、セットで嗜んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

それぞれ口臭の原因になるもので、この2つがコンボすると、口臭が何倍にも増大すると言われています。

 

タバコ+コーヒーの臭いを例えると、ドブや排泄分(便)のような臭いを発すると言われています。

 

さらに、これだけ周囲が嫌がる臭いを出しておきながら本人は自覚しにくいのが特徴です。

 

 

直後に適切なケアをする

タバコとコーヒーが好きな方に、いきなり両方を辞めろといっても難しいでしょう。
特に禁煙はハードルが高く、ついついコーヒーもセットに口にしたくなってしまうものです。
やめる事が難しい場合は、適切なケアをする癖をつけましょう。

 

コーヒーを飲むと口の中の臭いが残りやすくなる特性もあります。

 

できれば直後に水を飲んで口の中を洗い流すとともに、そのまま乾燥してしまうのを防ぎましょう。さらに、ガムや口臭スプレーなどを活用して、すぐに臭いを消してフレッシュな口臭に変えるエチケット用品を活用すると効果的です。

 

 

サプリメントで臭いがしにくくなる

喫煙は1本あたり3~5分ほどの時間がかかります。

 

ちょっとしたスキマ時間を活用して一服されるケースも多く、吸い終わったらすぐに次の行動を取らないといけない場面もあります。

 

時間があるときであれば、水を飲んだり、ガムや歯ブラシなど口臭対策を取る事ができますが、それを常に実践することは難しいです。

 

口臭ケア用のサプリメントを飲むと、口の中に抗菌作用が働き、タールやニコチン、カフェインなど臭いの原因を悪臭に変換させるのを防ぐ効果があります。

 

サプリメントを飲めば、一切悪臭がしなくなるわけではありませんが、何も対策をしないよりも口臭が大幅に緩和されます

 

できれば禁煙をしてコーヒーを控える事が理想ですが、それが難しい場合は周囲に迷惑をかけないための対策を取りましょう。

 

 

コーヒーだけでも悪臭の原因になる

タバコは口が臭くなることを認識している人が多いですが、コーヒーだけなら問題ないと勘違いしている方がいます。コーヒーも悪臭の原因になります。

 

舌にこびりついたカフェインは時間とともに酸化して、少しずつ臭いが強烈になっていきます。飲んだ直後は平気でも、そのまま放置させると口臭に変わっていくので注意しましょう。水を飲んだり、うがい・歯磨きをして口の中を綺麗にさせる習慣をつけましょう。