1日回食後の歯磨きをする習慣を付けると、口臭がしない体質に変わっていく可能性が高まります。

MENU

日々の口内ケアが肝心

 

口腔ケアの大切さを教える人

口臭対策は日々の口臭ケアが肝心です。

 

車の外装で例えると日頃から洗車やWAX掛けで手入れをしている車は、雨や汚れを弾き、いつまでも塗装の光沢を維持できます。

 

しかし、手入れをしていない車の外装は、どんどん汚れが付着して、ガンコにこびりついていきます。

 

たまに洗車しても塗装がダメージを受けて艶がなくなるだけではなく、WAXがのりにくくなります。

 

口内ケアも同じで、たまに入念な手入れだけをしても意味がなく、日頃から小まめに手入れしてあげる事で匂いや汚れがつきにくいコーティング効果や、口の中の歯や歯ぐき、舌などの老化を抑制する事ができます

 

 

日々の口内ケアの方法

口内ケアの方法は様々なものがありますが、もっとも重要なのは歯磨きです。
基本的な事ですが、口臭がする人は歯磨きを怠る事が多い傾向が強いです。

 

普段は歯磨きをしていても、お酒を飲んだ日や帰宅が遅くなった時に、歯磨きをせずに寝てしまったり、朝寝坊した日に朝の歯磨きを怠るクセには気をつけましょう

 

朝晩の歯磨きは1回でも怠ると、口内環境を大きく悪化させてしまいます。

 

できれば、食後を中心に1日に3回以上歯磨きをする習慣を付けると、口臭がしない体質に変わっていく可能性が高まります。

 

どれだけ高級な口臭対策用品を使っても、歯磨きなど日々のケアが疎かになる時があると効果が出にくいので気をつけましょう。

 

 

手間をかける事ができれば、より高い効果を期待できる

日々の口内ケアは歯磨きだけではなく、液体歯磨きや舌ブラシなどを併用したり、サプリメントを服用すると、より高い効果を実感できます。

 

ただし全てに共通しているのは、なんでも継続しないと意味がないことです。いきなり全部始めるのではなく、続けられそうな口内ケアを選んで無理なく始めることも大切です。

 

キシリトール系のガムを噛んだり、帰宅した時にうがいをするなど、ちょっとしたことでも毎日続けていけば口臭がしにくい体質に変わっていき、他の口臭対策をした時に効果が出やすくなるメリットがあります。