口臭のセルフチェックで最も効果が高いのが、自分の手を舐めてみて、その匂いを嗅ぐ方法です。

MENU

自分では気が付きにくい口臭

 

口臭は自分自身では気づきにくい特性があります。
口臭は自分が思っている何倍も周囲の人を不快にさせます。
周囲から息が臭いと指摘された場合は、重度の状態になっている可能性があります。

 

自覚症状がなく、周りから指摘がなくても、定期的に自分の口臭がないか確認しましょう。

 

 

口臭は日常的なケアが必要

日頃から口内ケアをきちんとしている男の子

口臭は自覚症状が出た時にケアをするのではなく、日常的に人と会う前は口臭対策をするクセを付ける事が大切です。

 

自覚症状が出にくいからこそ、常に自分には口臭があると思っておく事が大切です。

 

また、今現在は本当に口臭がなかったとしても、老化とともに口臭は必ず発生します
早めに予防対策を講じる事で、常に無臭の息を保つ事ができます。

 

つまり口臭対策は、口臭が気になっている方だけではなく、自覚症状が無い方も取り組む必要があります

 

 

 

口臭のセルフチェック方法

口臭のセルフチェックの方法はいろいろありますが、もっとも効果が高いと言われているのが自分の手を舐めてみて、その匂いを嗅ぐことです。

 

人の唾液は口臭に近い匂いがすると言われています。
手の甲などをなめて、その後一度深呼吸をしてから舐めた部分の匂いを嗅いでみましょう。
少しでも悪臭がした場合は口臭を発生している可能性があります。

 

唾液の臭いは乾けば消える特性があります。もし、手を舐めて乾くまで時間を置いてから再度嗅いでみて悪臭を感じた場合は、重度の悪臭を発生している可能性が高いです。

 

セルフチェックで感じる口臭は周囲の人が感じているものより臭いは軽いです。

 

この程度の臭いなら許容範囲とするのではなく、微臭があった時点で自分は人を不快にさせる悪臭を持っているという現実を受け入れましょう。

 

 

市販の口臭チェッカーは精度にバラつきがある

口臭対策として、通販などで口臭チェッカーを購入する方がいます。セルフチェックを行う姿勢はとても大切ですし、商品によっては精度が高いチェッカーもあります。
しかし、一部では精度が低く特定の悪臭にしか反応しない商品もあります市販の口臭チェッカーを使って反応がなかったとしても、100%口臭が無いとは言い切れません。