モンダミンやリステリン、ガムなどの液体歯磨きは口の中を殺菌して高い消臭効果を期待できます。

MENU

専用歯磨きによるケア

 

口臭ケア専用歯磨きとは次のものがあります。

 

  • 口臭ケア専用歯磨き粉
  • 液体歯磨き
  • 口臭ブラシ・舌ブラシなど

 

最も手軽な方法は、いつも使っている歯磨き粉を口臭ケアの専用商品に変える事です。
歯磨き粉を変えると抗菌作用と免疫力を高める効果があり、費用の相場も1本あたり500円~1,000円ほどです。
(参考記事:06_歯磨き粉によるケア(相場・効果など)

 

さらにワンランク上の口臭ケアをしたい場合は液体歯磨きや口臭ブラシ・舌ブラシを併用するとよいでしょう。
口臭の原因は歯よりもベロ(舌)にある事が多いです。
通常の歯磨きでも、口のなか全体を綺麗にする効果がありますが、さらに高い効果を実感することができます。
それぞれ、通常の歯磨きと併用してケアする必要があります。

 

 

液体歯磨きの効果と相場

液体歯磨きはドラッグストアで売っている定番商品では、モンダミンやリステリン、ガムが有名です。それぞれ、口の中を殺菌して高い消臭効果を期待できます。

 

平凡な液体歯磨きであれば、1リッターあたり千円前後が相場です。
1リッターのボトルで朝晩2回使用したとして1ヶ月前後使用することができます。

 

さらに高機能な口臭ケア専用の液体歯磨きの場合、1,000円~3,000円が相場です。
容量は200ml~300mlのものが多く使用量は商品によって様々です。
1ヶ月あたりのコストとして3千円~5千円ほどをみておくとよいでしょう。

 

 

 

口臭ブラシ・舌ブラシの相場と効果

口臭ブラシや舌ブラシは舌や口内全体をゴシゴシ洗うためのグッズです。

 

舌や口内に付着した匂いの原因は、こびりついているので液体歯磨きだけではなく、ゴシゴシ洗い流す事でより高い効果を期待できます。

 

価格帯は1本千円前後が相場で、よほど乱暴に扱わない限り数ヶ月単位の耐用期間がある商品が多いです。

 

コスト的には非常に安いですが、歯磨き関連等の口臭ケアの中では手間が大きいのがネックになります。

 

買ってみたはいいけど、一定期間使っているうちに使用しなくなってしまう方が多いです。

 

外的にゴシゴシと洗い流すので効果を早く実感できるメリットもありますが、効果が消えても予防目的で使い続ける事が大切です。